業務委託の契約をして、フリーランスとして仕事をしている方もいると思います。業務委託を請け、責任を持って仕事を進めている方も多いでしょう。しかし、場合によってはどうしても仕事が出来なくなってしまうこともあれば、「この仕事は、辞めたい」と思うこともあるでしょう。しかし、業務委託契約を結んでいる以上、仕事を進めていく責任があります。

では、業務委託契約解約を行う際の条件について、ご紹介しましょう。まず、委任契約の場合には、民法上ではどんな場合であっても解除権というものが認められていることになります。ということは、各当事者がいつでも介助することが出来るということ。委任契約解除は自由に行えるということになります。しかし、解除するためには条件があります。それは、解除によって損害が出る場合には、損害賠償をすることが必要ということです。

どちらかが、一方的に解除をする際には、片方に損害が出てしまう可能性がありますから、その場合には損害賠償をすることが求められるということ。「解除は、法規出来るのだろうか?」と思われる方もいると思いますが、民法上では契約解除は自由となっていますが、契約当事者が解除出来るというメリットもあるため、逆にクライアント側から解除リスクもあるということになります。そうなれば、想定していた収入などが入ってこなくなってしまう可能性もあるため、これらも考慮した上で契約解除をしていくことが必要となのです。

業務委託で仕事をしていくというのは、こうして考えてみるとリスクが大きいということが分かります。契約解除をする際にも、今後のことも考えて話し合っていくことが必要となるでしょう。トラブルに発展してしまえば、今後の仕事に支障が出る可能性もありますから、慎重さが大切と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です