フリーランスとして、自宅などで仕事をしている方もいると思います。自宅で仕事が出来ると、自分のペースで仕事を進めることが出来ますから、とても魅力的な働き方です。特に、ご家庭がある方やお子さんがいる方にとっては、フリーランスという働き方は時間を有意義に活用することができるといえるでしょう。しかし、時には「今受けている仕事を、これ以上続けることが出来なくなってしまった」というケースもあります。これは、誰にでも起こる可能性があることです。例えば、体調を崩して入院を強いられることもあれば、怪我をして仕事が出来なくなってしまう可能性もあるのです。

では、業務委託解約の手続きについて、ご紹介しましょう。まず、業務委託契約というのは、基本期間が定められており、この期間が満了となるまでは契約解除が出来ないのが基本です。満了時には、お互いの確認のもと更新されることもあれば、自分から解約を言わない限り自然更新されることもあります。契約途中で解約を行う際には、途中解除という手続きとなり、どうしても仕事が出来ない場合にはこれらの手続きを進める必要があります。仕事の内容や状況によっては、数カ月前に申告が必要な場合もあります。しかし、途中解約の場合には特例という扱いとなり、違約金などの文言が契約書に書かれている場合には、これらの支払いが求められることになります。

しかし、病気や怪我といった病む負えない状況の場合には、クライアントに伝えることで、納得してもらうことが出来るでしょう。解除時にもめる場合には、合意後に解約合意書などを結ぶことが必要となります。
このように、業務委託で仕事をしている場合には、基本業務委託契約は満了時まで仕事を続けることが基本条件です。しかし、どうしても継続が難しい場合には中途解約の手続きを行うことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です