IT関連の仕事をしている方の中には、フリーランスで仕事をしている方も増えてきています。その中には、クライアントと業務委託契約をし、仕事を請負っている方もいると思います。「仕事がもらえるだけで、ありがたい」と思っている方も多いと思いますが、時には「この仕事は、もう辞めたい」と思うこともあるでしょう。そんな時には、しっかりと解約の手続きをしていくことが後のキャリア形成に役立つと言えます。

では、業務委託解約手続きについて、ご紹介しましょう。「契約を、解約してしまいたい」と思っている方は、まずは契約した際の契約書の内容を一度見直してみましょう。契約書によっては、期間などが記載されている場合もあるでしょう。いつからいつまで、この仕事を請負うという内容が記載されている場合には、途中解約という扱いとなり、契約解除は本来することが出来ません。しかし、何カ月前に申告すれば解約出来るという内容が記載されている場合には、手続きにより途中解約をすることが出来ます。契約書に、これらの内容が記載されていない場合には、違約金などが請求されてしまう可能性がありますので、まずはクライアントに途中解約をしたい旨を伝え、納得いくまで互いに話し合うことも必要となるでしょう。

クライアントが、解約理由を聞いたことで納得した場合には、途中解約の手続きもスムーズに進めることが出来ます。。手続きの際には、解約合意書を結んでいくことが必要です。後々、大きなトラブルにならないためには、こういった書面による手続きをしっかりと行っておくことが、自分を守る方法の一つともなるでしょう。
業務委託を行う際には、あまり深く考えずに契約を結ばれる方が多いと思いますが、場合によっては解約をしたいと思うこともありますから、こういった手続きに関してもあらかじめ確認しておくと安心ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です