IT関係の仕事を、フリーランスとして進めている方の中には、「いくつかのクライアントと、業務委託契約を結んで仕事をしている」という方もいると思います。フリーランスになって間もない頃は、「すぐにでも、仕事を得なければ」と思い、いくつかのクライアントと契約を結んだ方もいるでしょう。しかし、仕事が軌道に乗ってきた方の中には、「他のクライアントとの契約は、もう解約してしまいたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、一度業務委託を結んでいる方の場合には、「どうすれば、解約出来るのだろう?」と思っている方もいるのです。

では、業務委託契約の解約の際には、どういった書類が必要となるのか、ご紹介しましょう。まず、「解約をしたい」と思った時には、文書により申し入れを行っていくことが必要となります。その際には、文書を作成することが必要となりますが、業務委託契約の解除に関するお願いと題し、書類を作成すると良いでしょう。書類の中には、業務委託契約を解除したいという内容を記載することが必要となりますが、その際には別紙で解約合意書を作成し、同封することが必要となります。解約合意書には、クライアント名と自分の名前を甲と乙で記載、解約内容を記載し、それぞれの署名捺印がされる様に作成していくと良いでしょう。これらの内容は、インターネット上でも例文などが掲載されていますから、これらを参考に作成することをおすすめします。

業務委託を行う際には、必ず書面で契約を結んでいることになりますから、解約を行う際にも同じように書面で解約の手続きを進めていくことが大切となります。後々、トラブルにならないためにも、「もう、契約を解除したい」と思った時には、こういった書類を作成しておくと安心でしょう。
業務委託契約は、結ぶ際には軽い気持ちで契約をした方も多いと思いますが、解約の際にもそれなりの文書を作成し、解約手続きをする必要があることを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です