IT関係の仕事をフリーランスとして請け負っている方もいると思います。そんな方の中には、「最初の話と違うから、この仕事はもうしたくない」という方もいれば、「このクライアントとの仕事は、もう請けたくない」と考えている方もいると思います。委託で仕事をする際には、最初に業務委託契約を行っている方が多いでしょうから、この契約を解約することが求められます。

では、業務委託解約の契約書作成時の注意について、ご紹介しましょう。まず、契約解約をしたいと考えている方の場合には、業務委託契約書の内容を再度見直す必要があります。契約書によっては、解除予告を6ヵ月前にしなくてはいけないという旨が記載されているケースもありますから、これに沿って解約手続きを進めていくことが必要となります。万が一、こういった記載があるにも関わらず、一カ月前に契約解約を申し出た場合には、クライアント側から契約金を返還請求されたり、初期投資分の補てんなどを求められるケースもありますので十分注意が必要です。

新たな解約契約書を作成するのであれば、クライアント側が納得する内容にしなくてはなりません。どうして、解約をしたいのかなど、その理由もしっかりと記載することが必要となるでしょう。業務委託契約書は、どういったクライアントと契約をしているのか、どういった仕事を任されてきたのかによっても内容が変わってきますから、「解約したい」と思った時には、再度業務委託契約書の内容を確認しておくことが大切です。

フリーランスとして、仕事を委託している場合には解約時にも十分注意が必要となります。解約の方法によっては、トラブルに発展してしまうケースもありますから、慎重に進めていくことが必要となります。まずは、業務委託の基本知識が記載されている情報をしっかり把握し、契約時の注意点を把握したうえで案件獲得を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です